セラミック治療・審美歯科~魅力的な口元を手に入れましょう~

セラミック治療で手に入れる歯の機能美

セラミック治療で手に入れる歯の機能美

「もしかしてこの銀歯、見えてるのかな……?」なんて心配していませんか?

虫歯治療で入れた銀歯は、意外と他の人からも見えてしまうもの。コンプレックスになってしまっている方も少なくありません。そんな口元の不安を持っているあなたに、白い歯を手に入れるセラミック治療をおすすめします。

白く透明感があり、噛み心地も含めて本物の歯そっくりなセラミックの人工歯で、歯の色、形、歯並びなどをキレイに整えましょう! セラミック治療は、お口の中の金属が原因となることもある金属アレルギーの改善・予防にも効果的です。

銀歯が金属アレルギーを引き起こす!?

銀歯が金属アレルギーを引き起こす!?

金属アレルギーとは、ネックレスなどの金属に含まれる金属イオンが汗や唾液で溶け出し体内に入り込むことで、免疫システムが反応し、皮膚の炎症などが起こるアレルギー症状です。同じことが、お口の中の金属(銀色の詰めものなど)で起こることがあります。

原因不明の皮膚炎などにお悩みの方は、もしかしたら金属アレルギーかもしれません。ネックレスやピアスで触れた部分がかぶれる場合はわかりやすいのですが、歯科治療で使った金属が原因の場合はなかなか原因を突き止められず、改善までに時間がかかってしまうという傾向にあります。

銀歯が金属アレルギーを引き起こす!?

金属アレルギーを改善する、あるいは防ぐために行うのが、一切の金属を使わない「メタルフリー治療」です。金属をまったく使わない歯科治療は、言い換えれば「セラミック中心の治療」になります。当院では、「銀歯が気になるから白いものに替えたい」というご要望にお応えするだけでなく、金属をまったく使わないセラミックの治療を行っています。セラミックを使えば金属アレルギーの心配はありません。

金属を使わない「メタルフリー治療」がおすすめです

金属を使わない「メタルフリー治療」がおすすめです

特に多いのは卑金属(貴金属ではないもの)によって引き起こされる金属アレルギー。人によりますが、金・銀・プラチナなどの貴金属でも金属アレルギーを引き起こすことがあります。

体に合わない金属を歯科治療に使うと、皮膚炎を起こしたり、手のひらにプツプツと小さな膿疱ができたり、悪化すると手のひらや足裏で掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)になってしまうこともあります。

「自分に合わない金属はどれなのか?」を知る方法として、皮膚科でのパッチテストがありますが、なかにはパッチテストでは反応しないこともあります。その理由は、パッチテストが短期間の調査であるのに対し、口の中の金属はゆっくり溶け出して全身を巡るうちに反応を示すことがあるからです。

いつ、何が原因で引き起こされるかわからない金属アレルギーは、歯科金属をすべて取り除いて安全なセラミックで治療をするほかないのです。

歯の土台の治療が重要です

歯の土台の治療が重要です

セラミックの被せものは、形も、白さも、光の通し方も、まるで本物のように自然な仕上がりにできます。しかし、それ以上に大切なのが歯の土台づくり。重度の虫歯で神経を取り除いた歯や深く削った歯は、コアという土台を立てて補強しないといけません。

このコアの治療は、実はとってもデリケート。上に被せるセラミックの人工歯は何度でも取り替えることができますが、コアを立てる治療は何度も行うと歯を傷めてしまうので、一度きりで長持ちする質の高いコアを使わないといけません。
(神経のある歯で症状がなければ、そのまま土台として使用できます。)

当院では、歯の土台づくりであるコアの治療とセラミックを使った安心のメタルフリー治療を行い、噛みやすく・見た目がキレイで・長持ちする歯をお守りします。

知って得する 貴方の治療済みの歯の寿命

歯科治療には健康状態を保持できる期間の制限があります。耐用年数を迎えた歯と、あらかじめ治療を受ける事で、不適合修復物は症状が出る前に、歯の寿命そのものを伸ばすことが出来ます。

修復物の耐用年数

耐用年数とは?

耐用年数とは、「材料自体の劣化や消耗が起こるまでの年数」です。
ここでは、一般的な保険治療を行った場合の耐用年数を紹介します。

治療方法 耐用年数
コンポジットレジン充填
(プラスチックの詰め物)
2~3年
クラウン
(銀歯の被せ物)
2~5年
ブリッジ
(3連結銀歯)
3~5年
義歯
(入れ歯)
2~4年
修復物の平均使用年数

平均使用年数とは?

平均使用年数とは、「何らかの症状やトラブルが発生するまでの平均年数」です。
こちらでは、一般的な保険治療を行った時の耐用年数を紹介します。

※これは「トラブルが起きた人」の平均であり、中にはトラブルがなく過ごしている人もいますので、実際の平均使用年数は下記よりも長くなります。

治療方法 二次的な
虫歯
脱落 歯髄炎 平均
使用年数
コンポジットレジン充填
(プラスチックの詰め物)
5.1年 3.3年 5.6年 5.2年
インレー
(銀歯の詰め物)
5.8年 4.1年 5.3年 5.4年
クラウン
(銀歯の被せ物)
8.2年 6.2年 8.9年 7.1年
硬質レジンジャケット冠
(全体がプラスチックの歯)
6.4年 5.0年 4.0年 5.9年
ブリッジ
(3連結銀歯)
10.1年 6.2年 7.5年 8.0年
アマルガム充填 7.4年 8.4年 6.0年 7.4年

最も歯を削らないで済む唯一の手段は、耐用年数を超え、不適合だと分かった時点で再治療をすることです。当然、自費治療の良さは「不適合になるまでの猶予が長い」ことでもあります。自費治療が出来ない方もいらっしゃると思いますが、予め耐用年数を知っていれば、早期発見、早期治療によって歯の健康を維持できる可能性も確実に上がっていきます。

当院で治療された方も、他の歯科医院にかかっていた方も、しばらくぶりに当院で検診をされてみてはいかがでしょうか?

患者さんにとって、不適合なものがあるのに治療介入しない歯科医師の方が「名医」のように感じやすいですが、それは理にかなっていません。当院では、いかにしてどのように悪い所を発見抽出していくかが肝心だと考えております。

神経を一度取ってしまうと、抜歯に至るまで20年以内と言われています。神経のない歯がある方も、治療したまま検診していない歯がある方も、一度ご来院ください。

あなたが気になるのはどっち?

詰めものが気になる方はこちら被せものが気になる方はこちら
東京都立川市|診療予約|立川北デンタルオフィス
ページの先頭へ戻る

Copyright© 立川審美歯科センター All Rights Reserved.