白い歯を入れる前に知っておいてほしいこと

見た目の印象をアップさせる白く美しい歯

見た目の印象をアップさせる白く美しい歯に、あこがれる方は少なくないでしょう。セラミックを用いた審美歯科治療で白く美しい歯を手に入れることは可能ですが、審美歯科治療を受ける際には、見た目だけでなく、歯が果たすべき機能や役割、お口全体の健康のことまでしっかりふまえることが重要です。こちらでは、立川審美歯科センターが「白く美しい歯を手に入れる前に知っておいていただきたいこと」についてご説明します。

土台の重要性

家も歯も土台が重要です

土台(基礎)がしっかりしていなければ末長く安全に暮らせる家は建ちませんが、それは歯も同じです。上部構造がどんなにしっかりしていても、またどんなに高価でも、土台がもろければ長持ちさせることはできません。治療した歯に被せ物をする際、歯根が十分に残っていないと、せっかく入れた被せ物が外れてしまう可能性があります。美しい歯を長く維持するには、まず被せ物の土台をしっかり整えることが必要です。

虫歯の再発は被せ物の天敵
根管治療

神経まで達した重度の虫歯には、根管治療を行います。この根管治療はかなり虫歯が進行した状況でも抜歯を避けることができる大変有益な治療法ですが、根管内は細くて複雑なため、とても高度な治療法でもあります。

虫歯菌に汚染された根管内の神経・血管をきれいに除去し、隙間なく薬剤を詰めなければ、根管の中で虫歯が再発してしまうことに。そうなれば結局、被せ物を外して土台を治療しなければなりません。健康な歯と健康な口腔内環境を維持するには、根管治療を確実に行う必要があるのです。

歯周病治療で、まず歯周組織の改善を
歯周病

重度の歯周病になってしまうと、歯周組織(歯ぐきや歯を支える顎の骨など)が破壊されてしまい、歯が抜け落ちてしまう危険が高まります。歯周病によって溶かされた部分にいくらしっかりした芯(コア)を立てて被せ物をつけても、土台の状態が万全でなければすぐに使えなくなってしまうでしょう。

歯の機能を回復させるには、まず歯ぐきや顎の骨の健康状態を改善させる歯周病治療が必要です。歯周病は非常に再発しやすい感染症なので、治療後は生活習慣の改善や継続的な予防ケアなどに取り組むことが求められます。

白い歯のメリット

一般的な歯科治療では、歯の詰め物や被せ物に健康保険が適用される「銀歯」が使われます。しかし最近では、銀歯ではなくセラミック製の素材を用いた審美歯科治療(自費診療)を希望する患者様が増えています。

銀歯のデメリットをセラミックで解消

見た目が自然で美しくなる

美しい自然な見た目

自分の歯に色調を合わせられるので、自然な見た目に仕上がります。治療したことがほとんどわからないだけでなく、軽度の歯並びを整えることもできます。

金属アレルギーのリスクがない

銀歯とセラミックの歯

銀歯がイオン化して体内に取り込まれることで金属アレルギーの原因になる場合があります。セラミック素材なら、そのような心配はありません。

長持ちする

セラミック素材は長持ち

セラミック素材には経年による劣化がほとんどなく、耐久性にも優れているという特徴があります。変色やにおいの付着なども抑えられます。

プラークが付着しにくい

セラミック素材はプラークが付着しにくい

銀歯はプラークが付着しやすく、虫歯や歯周病の再発を招く一因とも言われています。セラミックなら表面にプラークが付着しにくいので、虫歯や歯周病の予防にもつながります。

銀歯を白い歯に替える前に

立川審美歯科センターでは、虫歯や歯周病の症状がある場合、痛みなどの程度にかかわらず、そちらの治療を優先して行います。お口の中の健康状態を保ちながら、患者様のご希望に合った白い歯を実現しますので、現在お口のトラブルでお悩みという方もお気軽にご相談ください。

東京都立川市|診療予約|立川北デンタルオフィス
ページの先頭へ戻る

Copyright© 立川審美歯科センター All Rights Reserved.