根管治療~歯を抜かずに治療したい方へ~

三次元的歯内療法

当院では、国内のほとんどの歯科医院で行われる方法とは異なる、世界レベルの歯内療法で根の中の治療をします。
神経の通り道だったトンネルを確実に密に埋め、人体に為害性のある物質を一切使用しない画期的な根管充填方法です。
今まで埋められなかった細かい神経の枝の部分まで加熱軟化した材料で埋め尽くします。
治療では、再発しやすい根の先の膿の塊を、高確率で除去。除去することで抜歯を避けることができます。
予後不良として抜歯するのは簡単ですが、当院は「抜かず」「残す」治療に専念いたします。
患者様の次に歯を抜きたくないのは歯科医師なのです。

三次元的歯内療法の画像

1、歯の根を残したまま、虫歯から守る「抜髄根管治療」

歯を残したまま虫歯を治す抜髄根管治療

「根管」とは歯の中にある神経や血管が入っている極細の管のことで、根管治療は重度の虫歯になったとき、歯を抜かずに残すために行う治療です。根管の中にあるダメージを負った神経や血管を取り除き、清掃・消毒をして、充填材を詰めることで歯を残します。

重度の虫歯になって神経まで進行してしまうと歯を抜くことになってしまいますが、ダメージを負った神経を取り除いてきちんと根管治療を行えば歯を抜かずに残すことができます。

あなたの大事な歯、根管治療で守りませんか?

2、まだ使える根の再治療「感染根管治療」

1の「抜髄根管治療」は神経を抜き、抜いた管を丁寧に治療する方法。
これは、一度根の治療したものの再治療です。根の先に膿の袋が出来てしまった場合や、根の薬がきちんと入っていないケースに対応した治療方法です。抜いてしまったり、外科的治療介入する前に「ちょっと待った!」な治療方法です。

保存出来ないほど、歯の根が割れていたり、予後が悪くどうしても残しにくいとやむなく判断するまで、当院のDr.はむやみに抜きません。抜くのは簡単です。でも、患者様本人の次に歯を抜きたくないのは当院の歯科医師なのです。

神経を抜くことのメリット・デメリット

メリット
  • 虫歯の痛みが消える
  • 抜歯せずにすむ可能性がある
デメリット
  • 歯が弱く、脆く割れやすくなる
  • その分の治療費がかかる
抜髄根管治療の流れ
1.神経除去

1.神経除去

根管内の神経を取り除き、根管の長さを計測します。

2.清掃

2.清掃

汚染された根管内を清掃してキレイにします。

3.消毒

3.消毒

根管内に薬を入れて消毒し、清潔な状態に回復させます。

4.充填

4.3次元的根管充填

限りなく無菌状態に近づいてきたと判断出来れば、特別な根の薬を密に充填していきます。「オピオンガッタパーチャ変法」という特殊な技術で、歯科医師としては熟練が必要ですが予後を良く出来る特別な治療方法で保険で出来ます。

5.仕上げ

5.仕上げ

土台を立てて、被せ物をして治療完了!まるで天然の歯のように噛めます。

神経を抜かずに歯を残す「ドックスベストセメント」+「カーム」

神経を抜かずに歯を残す「ドックスベストセメント」+「カーム」

歯を抜かずに、神経も抜かずに歯を残す治療法として注目されているのが「DOC'S BEST CEMENT(ドックスベストセメント)」です。アメリカで誕生した銅の成分を含んだセメントで、1回の処置で永続的に効果が認められる、抗生剤などを使わないため負担が少ない、などの理由も手伝って注目が高まっています。これに知覚過敏の予防薬の「CALM(カーム)」を混合することで痛みを起こさない作用も付加されるのです。

神経まで虫歯が進行すると神経を除去することになりますが、神経を除去した歯はもろく、いずれ割れてしまうかもしれません。未来の悩みのタネをなくすという意味でも、神経を保存できるドックスベストセメントはおすすめです。

東京都立川市|診療予約|立川北デンタルオフィス
ページの先頭へ戻る

Copyright© 立川審美歯科センター All Rights Reserved.